ヴィタクト 毒性 危険

【ヴィタクト毒性・副作用】危険!?アレルギーと安全性

 

ヴィタクトに含まれる成分は肌に効果のあるものばかりですが、毒性の強いものや塗ると副作用の起こしやすいものがあるのだろうか!?

 

ヴィタクトの毒性と副作用を徹底的に調査しました!安全に使うために必読です

 

ヴィタクトは敏感肌でも安心して使用することができるスキンケアとして販売されていますが、それが本当なのか気になりますよね。肌に優しい天然成分で作られているから安全性は高いといわれていますが、それが本当なのか毒性の有無も含めて検証してみました。

 

ヴィタクト成分表示

下記の図を見てください。これらがヴィタクトに含まれている全成分です。

 

ヴィタクト全成分 

 

このようにいろいろな成分が配合されていますが、多くの化粧品に含まれる「パラベン、鉱物油、シリコン、エタノール、合成着色料、合成香料」は使用されていないです。

 

界面活性剤についての知識

 

界面活性剤 

 

界面活性剤には天然と合成の2種類があります。天然界面活性剤は安全性が高いメリットがありますが酸化しやすいデメリットを抱えています。合成界面活性剤は成分が常に機能できるよう安定性を高めてくれるメリットがあります。

 

合成界面活性剤とは、水と油を混ぜさせるために使用されている物です。毒性のイメージが強い界面活性剤ですが、様々な分野で活躍している成分でもあります。

 

クレンジングや石鹸、日用品では洗剤、食品にはマヨネーズ、農薬にも使用されているんですよ!

 

ヴィタクトの毒性判定!肌に悪い成分はあるのか!?

 

ヴィタクト毒性成分 

 

1つ1つの成分を毒性判定してみたところ、気になる2つの成分が挙がりました。毒性として引っかかるのが合成界面活性剤の水添レシチンとPEG-20ソルビタンココエートの2つです。

 

では、ヴィタクトに含まれている成分に入っている、この2つの合成界面活性剤は大丈夫なのかを調べてみました。

 

2000種類くらいある合成界面活性剤の中で毒性が強いと言われているのがAS、AES、POER、POEP、LASの5種類です。水添レシチンとPEG-20ソルビタンココエートはこれらには該当しないので、まずは大丈夫な可能性は高いです。

 

水添レシチンは、卵黄や大豆に含まれているレシチンを合成させることで安定性を高めた成分です。無添加化粧品によく使用されており、毒性は0%に近い安全性を持っています。

 

水添レシチンの原価コストは高いデメリットがありますが、ヴィタクトは肌に優しいというコンセプトがある分、安全性の高い成分をしっかり意識していることが伺えます。

 

PEG-20ソルビタンココエートは、非イオン性の物質で安全性は高く、乳化に特化している成分です。ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸ソルビタン(20E、O)とも呼ばれています。

 

ヴィタクトの毒性・危険性のまとめ!

ヴィタクトは、人肌に悪影響を与えないよう工夫されている成分が配合されているオールインワンジェルという結果でした。

 

100%安全とはいい切れないところは現実としてありますが、敏感肌の人でも安心して使えれるよう製造元がしっかり考えて実験を繰り返して作られています。

 

それでも化粧品ですから、肌に合う合わないはあるかもしれません。副作用やアレルギーなどが心配であれば、使用前にパッチテストを実施してみるのがオススメですよ。